パイプベッドのメリットとデメリットは?おすすめ品&選び方

パイプベッド パイプベッド

費用のことを考えたらパイプベッドが一番人気!

でも?

パイプベッドは安いから寝心地が悪いんじゃないだろうか?

と悩んではいないでしょうか?

実際、安いのには理由があります。

また使用方法を考えればとってもいい感じになりますよ!

そんなパイプベッドのメリットとデメリットなどをまとめてみました。

パイプベッドとは?

ベッドにも色々な種類がありますが、その中の一つであるパイプベッドとはその名前からも分かる通り、金属のパイプでフレームが組み立てられたベッドのことを指します。

一口にパイプベッドと言ってもサイズは色々ありますし、種類も豊富ですので、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

自分で組み立てることができますので、他のタイプと比べると取り入れやすいという声もよく聞かれますし、価格的にもリーゾナブルな商品が多いのでおすすめです。

詳細まで見ると実に様々な種類がありますが、購入する際にはパイプの太さに注目してみましょう。

長く使いたいのならパイプはできるだけ太い方が良いので、その辺りに注目しながら購入するようにします。

パイプの脚の本数に関してはベッドフレームの角に1本ずつの計4本が基本ですが、中央部分などに支えの脚が設置されている商品の方が安心です。

脚が多くなればなるほど重量が分散されて強度が高まります。
寝床部分の形状も商品によって違いが出る部分であり、金属の板状のものは強度が高めながら通気性が悪くなっており、網状のものは強度が低めながら通気性が良いという特徴を持ちます。

このようにパイプベッドを購入する場合にも色々なポイントがありますので注意しましょう。

パイプベッドのメリットとデメリット

パイプベッドのメリットはスッキリとした見た目で様々なコーディネートに上手く調和させることができるという点であり、ほとんどは寝床面が金属の網状になっていますので通気性に優れているという点も見逃せません。

ベッドのタイプによってはマットレスにカビが生えることもありますが、パイプベッドならそういった心配は少なくなります。

金属ですのでずっしりと重そうな見た目をしていますが、中は空洞ですので持ってみると意外と軽くて女性でも一人で設置できるのもメリットです。

価格帯はかなり低めのものから用意されており、費用を抑えたい時にもピッタリのタイプとなっています。
デメリットは、デザインのバリエーションが少なくてサイズも大きなサイズのものは見つけにくいという点です。

また、耐久性の低い商品もたくさんあります。ただし、太いパイプの商品を探せば耐久性の問題はクリアされますので、選び方次第といった面も大きいようです。

金属である以上は水濡れや湿気によって錆が発生する可能性もあり、寝床部分に発生した錆はマットレスや布団にも付着することがありますので注意しましょう。

金属は、その性質上軋みや揺れにも繋がりやすいのも気になるところです。

パイプベッドはこんな方におすすめ

パイプベッドがどのような人におすすめなのかというと、できるだけ安くベッドを購入したいと考えている人です。

価格を比較するともっとも安い部類に入りますので、コストを抑えたいという時に最適です。

また、女性一人でベッドを設置しなければならないようなケースにも向いており、木のフレームのような重さがありませんので、自分で簡単に動かすことができます。

模様替えをする時などは人の手を借りずに自分だけで何とかしなければならないケースもありますが、そういう場合でも簡単に動かすことができますので便利です。

汗をたくさんかくひとにもおすすめであり、通気性が非常に良いので湿気ません。

夏の暑い時などは蒸れてしっとりとする感じが気になるという人も少なくありませんので、通気性の良さはパイプベッドの見逃せない特徴となっています。

通気性が良いとマットレスも良い状態に保ちやすいので、お手入れがとても楽です。

他にも、部屋に置いても違和感のないものにしたいと考えている時にはパイプベッドが重宝します。

部屋の雰囲気によってベッドを選ぶのが普通ですが、模様替えをした時などに急に合わなくなる可能性もありますので、模様替えを頻繁にする人は色々な雰囲気に調和するパイプベッドが良さそうです。

コメント