子供部屋を素敵な空間に!机付きロフトベッドで快適な子供部屋を作ろう

机付きロフトベッド ロフトベッド

子供の部屋を快適で素敵な空間にして上げたいな~を入力してください。

そんな思いってありませんか?

勉強机、本棚、ベッドなどを置くとどうしても狭くなってしまう子ども部屋

少しでも広く、快適な空間にしてあげたくなりますよね!

そんな思いに少しでも役に立とうと、ロフトベッドについてまとめてみました。

ロフトベッドとは?

子供部屋が狭くてスペースがあまりない。

だけどベッドを置かずに布団を敷いて寝るのは布団の収納スペースが必要になるし、布団を敷きっぱなしになって衛生面に不安を感じるという人も多いのではないでしょうか。

子供部屋にはベッドも置きたいし勉強できる机も用意してあげたい、そんなときにはロフトベッドはどうでしょうか。

ロフトベッドとは、階段やはしごがついていて高い位置にベッドがあるタイプのことで、ベッドの下には勉強できる机を置いてもいいですし収納するスペースとして活用するのもおすすめです。

ベッドを子供部屋に置いてしまうと、その分のスペースを確保する必要があり、子供部屋が狭い人にとってはベッドと勉強机を置いたら子どもが遊ぶスペースがなくなってしまう、と困ってしまいますよね。

その点、子供部屋のロフトベッドはベッドの位置が高くて天板で支えているので、その下の部分を有効に使うことができ、デッドスペースが生まれず空間を有効活用することが可能となります。

なので、子供部屋にロフトベッドを置く人も多くて人気も高いので、ロフトベッドにも男の子からも女の子からも好かれるような様々なデザインのものが販売されていて、子どもの好みに合わせて快適な部屋を作れますよ。

ロフトベッドのメリットとデメリット

ロフトベッドの最大のメリットは、何と言っても空間を有効に使うことができるということです。

子どもにとって自分の部屋は勉強して寝るだけのものではなく、自分の部屋で遊んだり友達を呼んだりとスペースがあればあるだけ嬉しいものです。

そんな部屋にベッドもあり勉強机もありとなるとそれだけでかなりのスペースが埋まってしまいますよね。

ロフトベッドならベッドの下の部分を机や収納するスペースとして有効に使えるので、子供部屋を広々と使うことができます。

そして子どもは高い場所が好きな子が多いです。ベッドが高い位置にあると秘密基地のような感じで喜ぶ子も多いですよ。

反対にロフトベッドのデメリットとして、上にベッドがあるので勉強机を下に置くと暗くなってしまいがちです。

机で勉強をしたり本を読んだりするので、明るくないと困りますよね。

そして頭をぶつけやすいというデメリットもあります。ロフトベッドの高さまで背が大きくなってくると、立ち上がったときなどに頭をぶつけやすくなります。

ベッドがすぐそばにあることによって、頭をぶつけるだけでなく圧迫感もあるので、小さいうちはいいですが体が大きくなるにつれて窮屈に感じるようになってくるかもしれません。

おすすめロフトベッド

ロフトベッドのデメリットを理解してカバーするために、明るさを取り入れられるデザインのものを選ぶといいです。

下の机の部分の天板の高さを調節できるものがあるので、明るさや好みに合わせて天板の高さで調節ができます。

机の高さを低くすることで部屋の明かりが机まで届きやすくなりますよ。

より明るくするために、窓のそばにロフトベッドを置いたり左右にスペースを作るなど工夫も必要です。

ロフトベッドへ行くために階段がついているデザインの方が、子どもが小さいうちは安全なのでおすすめです。

はしごだと足を滑らしやすいので、スマートという点では良いのですが安全面を考慮する場合は階段にしましょう。

使いはじめは子どもですが、ある程度大きくなってからも使いやすいデザインのものを選ぶことも大切です。

あまり子どもっぽすぎるデザインだと何年かしてすぐに使えなくなってしまうこともあります。

シンプルで機能性に優れたデザインのものが良いですよ。

また、ベッドの部分に物を置いておけるような小さめの棚やコンセントなどがついていると、子どもが大きくなってきたときに便利で使い勝手が良いのでおすすめです。

ロフトベッドを選ぶときには今現在の子どもが使いやすくて、さらに何年後かのことも考えたものを購入するのが良いです。

 

コメント