ベッドの種類で選ぶ

ベッドフレームの選び方

ベッドをぶときに一番重要なのがベッドのサイズを知ること。

そして自分に合ったベッドサイズを知ることです。

ベッドサイズの選び方
ベッドを購入する際に、一番気を付けておかないと行けなのがベッドサイズです。 お部屋の広さやお部屋の雰囲気に合うベッドと思いがちですが まず最初は、あなたの体にあったベッドサイズを確認し、ゆっくりと休むことのできるベッドを選んで下さい。 でも、ベッド選びは中々難しいですよね。 そこで、ベッド選びの基本、ベッドのサイズ一覧の各ベッドサイズの詳細についてまとめてみました。

そして最後に、部屋の雰囲気や希望の機能がついた「ベッドフレーム」を選ぶことになります。

ベッドは長く使うものですし、一度購入すれば当分買い変えることもありあませんので

ベッドの種類を理解して購入するようにしましょう。

ベッドフレームは種類によって使い勝手が大きく異なるので、購入した後に

あんな機能が欲しかった、この機能は必要なかったなど、後悔がないように選びましょうね。

そこで、ベッドフレームを機能に注目にいてまとめてみました。

フロアベッド

フロアベッド

フロアベッドは床面が低いことで部屋を広々と見せる効果をもたらすのが一番の特徴です。

フロアベッドのメリット

フロアベッドならではのメリットは、マットレスを置く高さがほかのベッドよりも低くなることでベッドの存在感を最小限に留め、解放感のある雰囲気を室内にもたらすことにあります。

高級感のあるデザインのフレームであれば価格のわりに高価なベッドに見える点も魅力です。

フロアベッドのデメリット

フロアベッドのデメリットはメリットの裏返しとなっており、低すぎるために立ち上がるのが不便なことです。すのこの上のマットレスが厚みのあるタイプでなければ直接床に敷いているのと変わらない高さとなり、掛布団などが床について汚れやすくなります。

すのこベッド

すのこベッド

すのこベッドは、普通のベッドでは板の部分は木材を使って頑丈にしていたり、梁を設けていてその上に薄めの板を敷いているものも一般的ですが、この板の部分をすのこ状にしているものをいいます。

すのこベッドのメリット

すのこベッドにはメリットは、ベッド本体が非常に軽量に設定されていることが多く、室内に置いても移動させることが簡単なタイプが多いものです。

板面をすのこにしていることにより、通気性がかなり良くなることは最大のメリットとして考えることができます。

すのこベッドのデメリット

すのこベッドのデメリットというものもあるので、通気性を良好にしているベッドになるので、夏の期間については非常に快適です。

しかし、冬期間に入ると冷気がベッドの下側から入り込んでしまうという可能性も否定できません。

対策は冬期間にはすのこの上にマットを敷く方法で解消させることが可能です。

音が気になってしまうという事例もデメリットになります。

収納付きベッド

収納ベッド

収納ベッドとは、マットレスの下に収納スペースが設けられているベッドのことです。
子ども部屋やワンルームマンションなどの狭い部屋で、収納スペースがネックとなりベッドを置けないケースもあります。
そんな問題を解決できるのが、収納ベッドです。

収納ベッドのメリット

収納ベッドのメリットは、デッドスペースを有効活用できるところです。
一般的なベッドは床板の下がデッドスペースになり、荷物を置いても埃を被ってしまいます。
しかし床板の下に最初から収納スペースが設けられているベッドなら、荷物を入れても埃を被ることはありません。

収納ベッドのデメリット

収納ベッドのデメリットは、価格の高さです。
一般的なベッドにはない機能がプラスされているために、必要な材料が増え価格が高くなっています。

跳ね上げ式ベッド

跳ね上げ式ベッド

跳ね上げベッドとは、ベッドのマットレス部分を上に跳ね上げることによって、その下部に出来るスペースを収納として使うことで、ベッドと収納の両方の機能を兼ね備えたベッドのことを指します。

跳ね上げ式ベッドにはいくつかの種類があり、ベッドの縦方向にマットレスを上げるタイプのものや、横方向に挙げるタイプのものがあります。

跳ね上げ式ベッドのメリット

跳ね上げ式ベッドのメリットはベッドの下部全体を、収納スペースとして利用できることです。

ガス圧式は力の弱い女性でも、簡単に開閉することができます。

引き出し式ベッドは、引き出す空間を確保する必要があります。

それに対して跳ね上げ式では、引き出し用の空間を必要としません。それ故、狭いワンルームなどでも十分に使えます。

跳ね上げ式ベッドのデメリット

跳ね上げ式ベッドにもデメリットがあります。

一番は価格的に高価になる傾向があります。

また、チェストベッドのような収納スペースが、区切られていません。

それ故、仕分けをして収納する場合は、自分で区切る必要があります。

使用するマットレスに関しても、セット販売されているタイプ以外使うことができません。

ロフトベッド

ロフトベッド

フトベッドは上段と下段にあるベッドスペースが特徴的です。上段の高い場所ベッドがあるのでハシゴや階段を使って上がります。一人暮らしや一人部屋などで部屋のスペースを有効活用したい人におすすめです。

ロフトベッドのメリット

ロフトベッドのメリットは、部屋を立体的に使うことが可能です。

上にベッドがあるのでベッドの下の空いたスペースをソファやテーブルにしたり、クローゼットといったいろいろな物を置くことができるようになります。

上手に活用することによって狭い部屋も有効活用することができ、広々とした部屋に仕上げることができるでしょう。

上にベッドがあるので布団やマットレスなどの湿気を下に発散することができるのでカビ対策にも便利です。

ロフトベッドのデメリット

ロフトベッドのデメリットは、例えばハシゴで昇り降りを行わなければいけません。

体を動かすのが難しい場合もハシゴの昇り降りが必要で、そのことがストレスになるかもしれません。

多少体を動かしてもスペースを有効活用したい人にはおすすめのベッドです。

また上にベッドがあるので勉強机を下に置くと暗くなってしまいがちです。机

二段ベッド

二段ベッド

兄弟がいる家庭では、スペースを有効活用できる二段ベッドが最適です。
子供にとっては二段ベッドは寝るためだけではなく、遊び場所や秘密基地のように使えるのもメリットです。

二段ベッドのメリット

二段ベッドのメリットは、経済的なところです。
一般的な子ども用のシングルベッドに比べると高額ですが、二つ買うよりも経済的になります。
一台分で比較すると割高に感じても兄弟で使うことを考えたら、お得感があるのは優れたメリットです。

また日本は地震が多い国ということもあり、二段タイプの設置をためらう人もありますが、逆に二段にすることで、本棚やタンスなどの大きな家具の下敷きにならずに済むという利点もあります。

二段ベッドのデメリット

二段ベッドのデメリットとしては、上の段は使い勝手が悪いところです。
布団の上げ下ろしや掃除は面倒ですし、夏場は天井に近いため下の段と比べると暑くなります。
また全体の面積は広く使えても高さがあるので圧迫感を与えてしまい、お部屋を暗く見せてしまうのはデメリットです。
二段ベッドには優れたメリットがある反面気になるデメリットもあるので、お子様のために購入するなら特徴を把握してから購入するようにして下さい。

脚付きマットレスベッド

脚付きマットレスベッド

脚付きマットレスベッドのメリット

脚付きマットレスベッドのメリットは、脚付きマットレスは、マットレスが脚で支えられて床から離れている状態であることから、ベッドメイクをしやすいというメリットがあります。

またマットレス下部に空間が出来ることによって風通しがよくなり、カビが発生しにくいという点にあります。
また、脚付きマットレスは床から高い位置にマットレスが位置しているため、床の埃を吸うといったリスクを回避することができます。

脚付きマットレスベッドのデメリット

脚付きマットレスベッドのデメリットとしましては、脚でマットレスが浮いた状態となっているため、床面との隙間に空間ができます。床面との隙間の空間がデッドスペースとなってしまい、空間を効率よく使うという観点から言えば、効率があまり良くない空間の使い方ということが言えます。

 

折りたたみベッド

折りたたみベッド

折りたたみベッドとは、普通のベッドでは出来ない折りたたんで収納しておける優れたベッドです。折りたためることで部屋のスペースを十分に確保できることから、一人暮らしの学生や子供部屋に最適だと人気になってきております。

折りたたみベッドのメリット

折りたたみベッドの最大のメリットといえば、コンパクトに折りたたんで収納ができることでしょう。使わない時は省スペースに置いておけるので、十分に部屋のスペースを確保できます。また、折りたたんだ状態で布団を干すことも出来る為、天気の良い日に窓側に持っていけばわざわざ外に干さなくても済みます。

折りたたみベッドのデメリット

折りたたみベッドのデメリットといえば、マットレスの選択肢が比較的少ないことです。また、強度が低くなりがちであることも考えられます。さらに、デザイン性がよくないこともデメリットとして挙げることが出来るでしょう。

ベッドフレームの選び方まとめ

ここまでベッドフレームの種類について説明させていただきました。

おさらいですが、ベッドを選ぶときに一番重要なのがベッドのサイズを知ること。
そして自分に合ったベッドサイズを知ることです。
そして最後に、部屋の雰囲気や希望の機能がついた「ベッドフレーム」を選ぶことになります。

ベッドフレームは種類によって使い勝手が大きく異なるので、購入した後に後悔がないように選びましょう。

マットレスの選び方
ベッドを購入する際に必要なのがマットレス。 マットレスにもいろいろと種類がありますが、一般的に普及しているマットレスというと 「ポケットコイル」と「ボンネルコイル」の2種類となります。 でも、「ポケットコイル」と「ボンネルコイル」 どっちが寝心地がいいの? また、価格も気になるところですよね。 そこで、ボンネルコイルとポケットコイルの違いについて どちらがおススメなのかについてまとめてみました。

 

ベッド購入時の注意点
ベッドを購入する前に、ベッドのサイズや種類を確認し 自分の好みや、部屋の雰囲気にあったベッドを購入すると思います。 しかし、購入した後に確認し忘れたことによりトラブルになることも多いことってご存じですか? ...