フローリングにマットレスを直置き!直置きしてもカビにくくする方法

フローリングにマットレスを直置き お役立ち
ベッドを置くほどの広さがない部屋なので
ベッドフレームを置かず、床にマットレスを直置きしようかな?
でも床にマットレスを直置きして大丈夫なの?

そん疑問はありませんか?

実は、床にマットレスを直置きすると通気性が悪くなり、カビやダニの対策が必要となります
そこで、おすすめのカビ・ダニ対策の方法をまとめてみました。

フローリングに直置きするとカビる簡単な理屈

ベッドを置くほどの広さがない部屋の場合は、布団をフローリングの上に敷くようになりますが、マットレス直置きをする事で、フローリングがカビてしまう事があります。

そのような状態は健康や衛生の事を考えてみると、決していい状態ではありませんので、出来るだけカビが生えないようにしなくてはなりません。

なぜフローリングにマットレスを置く事によってカビが生えてしまうのかというと、カビが生えやすい条件が整いやすいという所にあります。

人間は寝ている間に一晩だけでも大量の汗をかくようになりますので、その汗を布団が大量に吸い込む事になります。
湿気た状態だけでもカビが生えやすい状態になっていると言えますが、さらに人間の体温によって布団が暖められる事になっているのが原因です。

湿った布団と温度によって、カビが生えやすい条件が揃う事によって、マットレスだけではなく布団にもカビが生えてしまうことになるのです。

マットレスにカビが生えるのは決していいことではありませんので、生えないように気をつける必要があります。

マットレスを直置きしたからといっても、カビにくくする方法はありますので、普段から対策をして気をつけるようにしましょう。

 

マットレスを直置きしてもカビにくくなる対策

カビを生えにくくする方法はいろいろありますが、まず行わなくてはならないのは、マットレスとフローリングの間に、除湿シートを敷く事です。

除湿シートを敷く事によって、シートが湿気を吸い取ってくれるようになりますので、カビが生えるのを防ぎやすくなります。

除湿シートを使用する際に気をつけておきたいのは、必ずシートの湿気も定期的に取り除くようにする事です。

湿気を吸い取ってくれているからマットレスは大丈夫と思っていても、シートに湿気が溜まってしまうと、うまく吸い取ってくれなくなってしまいます。

そのような状態で使用を続けていると、やはりカビが生えてしまうことになりますので、シートの湿気も取り除くようにしましょう。

マットレスやシートを定期的に干すようにしておけばかなり帽子をすることが出来ますが、部屋の換気も忘れないようにしなくてはなりません。

部屋が湿気が多い状態であれば、いくらマットレスなどの湿気を防ごうと努力をしていてもあまり意味がなくなります。

部屋の窓を開けて換気をして、部屋の中の湿度を下げるようにしてみると、かなりの確率でカビを防止できるようになるので、天気がいい日には窓を開けて換気を心がけることです。

マットレスのカビを取る方法

雨の日が続くなどして歓喜が出来ない日が続くと、マットレスやフローリングにカビが生えてしまう事もあります。

一度生えてしまうと気持ち悪いからと言ってそのまま処分をしたくなりますが、何とか除去をして使える状態にした方が経済的です。

その都度買い替えているとキリがありませんので、出来るだけの事をしてカビを取るようにする事です。

マットレスのカビを取る方法は、消毒用のエタノールを使用して取るようにしましょう。

簡単な方法は、消毒用のエタノールをスプレーボトルに入れてカビが生えてしまった部分に吹き付けることです。

吹き付けた後にはすぐにふき取るのではなく、しばらくそのままの状態にして一時間程度置いておくといいでしょう。

その後はカビを拭き取っていかなくてはなりませんが、布でごしごしとこするのではなく叩くようにして拭き取るのがポイントです。

拭き取りをした後にはその部分がぬれたままの乗田ではまたカビが生える状態になりますので、しっかり乾かさなくてはなりません。

ドライヤーなどを使用すれば一気に乾かすことが出来ますので、ドライヤーをあてて乾かすようにしましょう。

カビが生えてしまうと諦めてしまいがちですが、出来る事をしてまた使える状態にする事です。

マットレスの選び方
ベッドを購入する際に必要なのがマットレス。 マットレスにもいろいろと種類がありますが、一般的に普及しているマットレスというと 「ポケットコイル」と「ボンネルコイル」の2種類となります。 でも、「ポケットコイル」と「ボンネルコイル」 どっちが寝心地がいいの? また、価格も気になるところですよね。 そこで、ボンネルコイルとポケットコイルの違いについて どちらがおススメなのかについてまとめてみました。

 

コメント