和室でベッドを使うメリットとデメリット?失敗しないベッドの選び方はコレ!

和室でベッドを使うメリットとデメリット?失敗しないベッドの選び方はコレ! 和室

和室の部屋にベッドを置いたら?
どんな感じになるの?

そんな疑問はないでしょうか。

家具の中でお部屋のイメージを変えてしまうベッド!
和室にベッド置くとどうなるのか?

また和室にベッドを置くと畳などを気づつけないだろうか?

そんな訳で和室にベッドを置く時のメリットやデメリットを紹介しようと思います。

和室でベッドを使うメリットとデメリット

和室でベッドを使うメリット

和室でベッドを使うメリットは、和の雰囲気にモダンなテイストが加えられることです。

ホテルや旅館ではこのような組み合わせが珍しくなく、和洋折衷で新たな雰囲気や価値観を生み出しています。

和室に敷布団だと、クッション性の高い寝心地は得られませんから、現在の寝心地に不満を覚えている人にも、和室 ベッド おすすめの組み合わせとなります。

また、床付近は埃が舞い上がりやすく、細かなハウスダストを吸い込みがちなので、まだハイハイをしている赤ちゃんがいる家庭でもおすすめできる選択肢です。

マットレスが畳になっているタイプのベッドもありますから、和室に洋風の寝具だと違和感を感じてしまう場合に適しています。

和室 ベッド おすすめの理由はもう1つあって、それはベッドの振動や軋み音が床下に伝わりにくいことです。
一般的なフローリングとベッドの組み合わせだと、寝返りの振動が脚を通って床に伝わってしまいます。

これが意外と大きく響いてしまうので、カーペットや絨毯のない部屋だと困りものです。

しかし、和室の畳は防音性能が優秀ですから、多少の軋み音程度なら問題なく吸収してくれます。

床下に伝わる音が小さくなるので、そういう心配を抱えている場合にメリットとなります。

和室にベッド 畳を保護するコツ

和室とベッドの組み合わせは案外メリットが豊富ですが、一方では畳を傷付けてしまうデメリットもあります。

ベッドは基本的に重量物ですし、4本の脚で数十kgを支えることになるので、脚が畳にめり込み傷を残してしまいます。

更に寝る人の重量が加わるわけですから、ベッドを直に畳の上に置いてしまうのは御法度です。

畳の上にベッドを置く場合は、脚と畳の間に挟んで使用する、傷防止のアイテムを使用するのがコツです。

和室にカーペットは合いませんが、小さく切ったものを脚の底に貼る方法なら、目立たないので違和感を生じさせずに済みます。

この方法だと必要となるカーペットは少ないので、コスト的にも無駄が省けるメリットが得られます。

余っているカーペットを使用するのもOKですし、これなら出費なしで畳の傷が防げます。

畳の保護にはクッション性のあるコルクも有効で、同じくコスト面が優れているといえます。

ただ、ゴム製はニオイが気になりますし、合成樹脂タイプは色移りの心配があるので、できるかぎり天然のコルクをおすすめします。

コルクは安全性が高くクッション性も十分ですから、家具による床の傷防止に幅広く用いられています。

ベッドの重量にも耐えられる耐久性なので、床を保護するベストな組み合わせとなり得ます。

ベッドサイズの選び方
ベッドを購入する際に、一番気を付けておかないと行けなのがベッドサイズです。 お部屋の広さやお部屋の雰囲気に合うベッドと思いがちですが まず最初は、あなたの体にあったベッドサイズを確認し、ゆっくりと休むことのできるベッドを選んで下さい。 でも、ベッド選びは中々難しいですよね。 そこで、ベッド選びの基本、ベッドのサイズ一覧の各ベッドサイズの詳細についてまとめてみました。

和室に合うおすすめベッド

 

コメント