子供のマットレスの硬さは?子供の場合、寝やすさよりも健康を感がる必要があります

子供のマットレスの硬さは? お役立ち

子供部屋にベッドを置いて上げる時

ベッドのサイズやタイプも悩みますけど

意外とマットレスの硬さで悩んでしましますよね。

子供用のマットレスは硬い方がいいとは聞くが?本当なの?

そんな悩みをお持ちの方に、子供用のマットレスの硬さについてまとめてみました。

子供のマットレスの選び方

子供マットレスの硬さは大人も子供もほとんど同じで大丈夫なのです。

背筋を伸ばし、立った時の姿勢のまま寝るのが理想的な寝る姿勢と言われていますから、体にそって沈むことができるような硬さが理想的な硬さのマットレスといえるでしょう。

成長期の真っ只中である子供は合わないマットレスを使用し続けると骨に歪みが出てきたり、うまく眠れなくて成長ホルモンを出す妨げになってしまったりと子供のマットレス選びは慎重に行うべきチェック項目です。

寝る姿勢は適切であるかはもちろんのこと、寝返りがスムーズにできるかが目安になります。

子供でさえ合わないマットレスで寝ていると朝起きた時に、腰や背中が痛かったり、寝返りができなかったことにより腕が痺れたりと不快な睡眠時間となってしまうのです。

20キロ以下であれば3センチの厚みは最低でも必要になります。

20キロから40キロは7、8センチの厚み、60キロ以上であれば9、10センチの厚みは欲しいところです。

赤ちゃんであればある程度の硬さがなければ寝返りがうてなかったり、うつ伏せになった際ふかふかの布団に顔をうずめて窒息する危険性がありますので、マットレス選びはとても重要になります。

マットレスの選び方
ベッドを購入する際に必要なのがマットレス。 マットレスにもいろいろと種類がありますが、一般的に普及しているマットレスというと 「ポケットコイル」と「ボンネルコイル」の2種類となります。 でも、「ポケットコイル」と「ボンネルコイル」 どっちが寝心地がいいの? また、価格も気になるところですよね。 そこで、ボンネルコイルとポケットコイルの違いについて どちらがおススメなのかについてまとめてみました。

 

気をつけるべき5つのポイント

幼稚園や小学低学年までの子供であれば、おねしょの心配がまだあるかもしれません。

マットレスは水洗い可能なものを選んだ方が良いです。

さらにシーツも防水タイプを使用してアンモニア臭が残らないよう、こまめに取り外して洗濯を行ってください。

また、子供は新陳代謝が活発に働くので、寝汗をよくかきます。

まれに鼻血をよく出す子供もいます。何も対策を行わないと蒸れてしまい快適に眠ることが出来ませんので、吸水性の高い敷きパッドを用意して定期的に交換するようにしてください。

汗やおしっこを放置していると、カビやダニが繁殖してしまいますので、湿気を防ぐことができる蒸れにくいパッドを選びましょう。

マットレスの横幅は広い方が快適でしょうが、シングルタイプで十分でしょう。

170センチくらいになりベッドが小さいと感じるならば、買い換える目安にしたら良いかもしれません。安物のウレタンマットは使用しないほうが良いでしょう。

体が沈み込みすぎて姿勢が悪くなります。さらに通気性は悪く湿気を溜め込んでしまいます。

寝返りがうちづらくなるので快適な眠りにつくことは難しいでしょう。

短時間で済むお昼寝マットの使用であれば良いかもしれません。

子供の寝姿勢による健康への影響

寝る子は育つの言葉通り、子供は寝ることも仕事のうちなのです。

医学的にも証明され寝るときに成長ホルモンは分泌され身長を伸ばし、一日の疲れをとって健康な身体成長しています。

敷布団は硬く、掛け布団は軽くて暖かい、枕は低めで洗えるものを基本としてください。

寝返りがうてるのはもちろん、素材にもこだわっていただくとより質の良い睡眠がとれます。

天然素材を使った綿100パーセントはお勧めで、よく寝るようになったなど改善がみられたとの話はよく耳に入ります。

市販されている一般的な品質はポリエステル綿と書かれています。

ポリエステル綿は静電気が発生しやすいだけでなく、ホコリを吸い寄せやすいのです。通気性はあまり無く蒸れやすいので、夏場や暑い部屋では汗疹の原因になります。

反対に冬場は布団自体が冷えてしまい、身体の体温を奪ってしまうおそれもあるのです。

ポリエステルの素材は大量生産できることから、値段が安いのが特徴です。可愛いキャラクターの絵や手軽に購入できて良いなどの点はあるかもしれませんが、素材も一度選ぶ項目に入れてみてください。
子供は一日の中で布団で過ごす時間が一番長いので、ぜひ快適な睡眠環境を真剣に考えると良いかもしれません。

コメント