布団で寝るのとベッドで寝るのは一体どっちがいいの?

布団で寝るのとベッドで寝るのは一体どっちがいいの お役立ち

新生活やお引っ越し、買い換えなどで

ベッドを購入しようか布団で寝ようかと悩んだりしてませんか?

部屋のスペースを考えると布団の方がスペースは確保できる。

でも布団だど上げ下げが面倒・・・・

 

そんな悩みをお持ちの方に、布団で寝るのとベッドで寝るについてまとめてみました。

布団寝のメリット・デメリット

布団で寝る場合のメリットとして言われているのは、寝相の悪い人にとって落ちる心配をしなくて安心して眠れることがあげられます。

少し足や手が布団からはみ出していても気にすることがないのです。

また日中は布団を片付けて部屋を広く使うことができる事も魅力です。

友人などが訪ねてきても使えるスペースがあるのは嬉しいことになります。

それに掃除も隅々まできちんとできることや、布団を干したり手入れも簡単です。

その部屋を使う人数が増えても対応ができやすいということもあります。

一方デメリットとしては床や畳の上に直接敷くのでホコリなどがたちやすいことです。

ハウスダストが原因の鼻炎などの場合には不都合になることもあります。

直接布団を敷くことから冬場などは冷えが伝わってくる場合もあり、冷え性の人などには辛いことかも知れません。

何より毎日布団を片付けることで上げ下ろしが必要になりそれが面倒になる事もあり、そうかといって敷きっぱなしでは湿気が下に行きカビが発生してしまうようになりカビは健康には大敵となります。

布団を片付ける場所は必ず必要になりその場所は常に空けておくようになり、それが狭い場所であれば出し入れの作業が大変だと感じることもあります。

ベッド布団は布団で眠ることと全く遜色のない寝心地が確保できるものです。

ベッドのメリット・デメリット

寝るときにはベッドを使っている時のメリットには、寝具がある場所が床から離れて高い所にあるということでホコリが少なく衛生的だということがあげられます。

特にアレルギー性鼻炎などの場合や、肌が敏感な人にとっては衛生的な場所は睡眠をとるときには大切になります。

床がフローリングなどの場合には冬場などではその冷えが直接体に受けることなく眠れることは睡眠の質を考えた時には最適となります。

また寝る時や起きた時に布団の準備や片付けをすることもなく、いつでも眠れて起きることができるのは面倒くさがりでなくても嬉しいことです。

ベッドはある程度の高さがあるのでその下に普段使わないようなものなどを収納しておくこともでき部屋をすっきりと使うこともできます。

その一方デメリットとしてはベッドが置いてある場所は完全に他に使うことができないスペースとなり部屋が狭く感じられることです。

掃除の時は簡単にベッドを動かしてするということもできないので、どうしても掃除が行き届かない部分もできてしまいます。

ベッドにするにはそれを購入しなくてはならないのですがその費用がかかることや、廃棄する場合には粗大ゴミとなり費用がかかることなどもあります。

ベッド寝 布団寝 どっちが健康?

ベッドで寝るのと布団で寝るのではどちらが健康的なのだろうかということはよく言われますが、そのどちらにもそれぞれにメリット・デメリットはあります。

布団は昔からの日本で使われてきていることから多くの人は慣れ親しんできました。確かに床や畳に直接敷くことから安心感もあり、朝になって収納場所に片付けるとその部屋は全く別の目的に使うこともできるのです。

しかし年々歳を重ねていく時に実感するのは体力の衰えや足腰の痛みなどの不自由さになります。

清潔な場所でいつでも気楽に寝ることができるベッドは高齢化が進むにつれて利用する人が増えてきています。

これまで馴染んできた布団を利用するベッド布団はこれまでの眠りを得られてそのうえ足腰などに負担がすくなくなるということで取り入れる人が増えてきています。

ベッドにはいろいろなタイプがあり広さもさまざまで、マットレスを敷くことなく直接布団を敷いて使えるようなものもあります。

また高さが気になる人には極力高さを抑えたものや、ほとんど床に近いような状態のものまであるのです。

睡眠の質が睡眠時間と共に大切で健康に直接関わってくることが言われています。清潔な空間で足腰に負担がかからないベッドはおすすめです。

コメント