高さ調節できるベッドフレームの利点!あなたに合った高さはどれくらいなのか?

高さ調節できるベッドフレーム お役立ち

高さ調節ができるベッドがあると聞いたんだけど

どんなタイプのベッドを選べばいいのか?

そんな悩みはありませんか?

ベッドの高さなど、選び方を間違えると使いにくくなってしまうので、購入する前には慎重に検討するのがおすすめです。

ベッドの高さはどれくらいが標準なのか

ベッドを購入する時には、普通では10年以上もの期間を使う人が多いことから、慎重に選ぶ必要があります。

使われている素材やデザイン、カラーなどで選ぶことも間違いではありませんが、高さについても注目してみることも欠かせませんよね。

一般的に販売されているベッドの標準的な高さについては、約30センチから40センチとも言われています。

この高さはフレームのみの高さでははなく、マットレスの厚みも含めた数字になるので、国内では身長が150センチから170センチ程度の方であれば、標準といっても過言ではありません。

しかし、実際にはベッドの高さは人によって好みが分かれることになり、例えばローベッドとして販売されているものでも、高身長の方が利用をしていることも珍しいことではありませんよね。

ベット高さは利用者に合わせて選ぶことも決して間違いではありません。ロフトベッドなどの場合では、2メートル程度の高さになるので、好みや用途に合わせて選ぶことが基本です。

一応は標準とされるベット高さはありますが、それより低いもの、逆に高いものでも各々によって就寝スタイルも変わる傾向にあるので、購入前には家具店などで実際に体験してから高さを決めるということも間違いではないでしょう。

あなたに合った高さはどれくらいなのか

ベッドの購入で高さで迷ってしまった際には、実際に自宅の床で仰向けで寝てみる方法もあります。

多くの方がこの時点で天井との間隔が気になってしまうことがあり、少し高さを設けることを期待するものです。

ベッドの無い住宅にお住まいであれば、実店舗として営業をしている家具店に出掛けて、いくつもの高さに設定されているベッドに寝てみることも一つの方法です。

ベッドの使い方によっても違いというものはあります。

寝るまでの間は寝室で過ごしていて、いざ寝るとなった際に初めてベッドに入るような方であれば、合う高さは実際には範囲が広いものと考えることができます。

しかし、人によっては就寝前にベッドで読書をしたり、お酒を楽しんだりする方も存在しています。

このような方であれば、30センチ以上の高さのあるベッドを選ぶことで、ベッドに座って足を床面に置いていても何ら負担を感じることがありませんよね。

背の高い方であれば、更に高さを要する可能性もあり、用途によって選択することで失敗を防げることになります。

基本はマットレスの上に腰かけた状態から室内を歩行する際に、足腰に負担が掛かからないような高さにすることで、快適性を生み出す可能性も十分にあるのではないでしょうか。

高さの調節ができるベッドの利点

現在では比較的新しいベッドの提案として、高さ調節ができるタイプも販売されるようになりました。

このタイプでもいくつかの種類に分かれていて、木製タイプから金属製タイプなども見つけることができますよね。

高さ調整は手軽に行えるように配慮した設計になり、3段階や4段階としているタイプに分けることができます。

このようなベッドを利用すると購入後に高さに不満が出てしまうような場面では利点を感じることができます。

利用者本人の体型や趣味趣向に合わせることができ、ペットを後に飼育するなど、生活環境にも合わせることもできる利点は大きなものがあるのではないでしょうか。

高さ調節が可能なベッドの多くは、ベッドの下の部分に収納スペースを設けられる点に利点を感じることが多々あります。

収納する物が後に増えてしまっても、高さを上げることで快適な室内空間にできることに便利さを感じられるのではないでしょうか。

他にもお子さんの成長に合わせて調節できる利点や、逆に年を取ったことである程度の高さを必要とする際にも自由度があるという魅力を感じられます。

高さを付けることができるベッドの場合では、下側に掃除機が入るスペースを作り出すこともできるので、室内を常に清潔にしたいと感じている人にも利点はあるでしょう。

コメント