チェストベッドのメリットとデメリットは?おすすめ品&選び方

チェストベッドのメリットとデメリットは 収納ベッド

部屋を借りた場合、収納スペースがないため、困ったことはありませんか?

そんな場合、収納機能が付いているベッドは便利ですよね?

そんな収納機能がついたベッドの中でも、「チェストベッド」は複数の引き出しに加えて、ベッド下に長物収納エリアが備わっているのが人気の理由。

色々なものが整理整頓出来るので、荷物が多い女性に特に人気が高くなっています。

そこで今回はチェストベッドのメリット・デメリットについてまとめてみました。

チェストベッドとは

チェストベッドはベッドの床下に様々なものが収納できるようになっているベッドのことで、かつ通常の収納ベッドに比べその収納力が異常に高くなっているのが特徴です。

多くのものはベッド下の収納引き出しが2段となっているものが多く、2倍以上の収納力を持っているものも少なくありません。

これを使用することにより部屋の中をすっきりと片付けることができるのが大きなメリットとなっています。

また通常のベッドや収納ベッドに比べさらにベッドの床面が高くなっており、通常のものが20センチから30センチ程度になっているのに比べ40センチ程度あるものも少なくありません。

そのためベッドの床面が非常に高くなり天井の低い場合には天井の圧迫感が大きくなることも考えられます。

通常のベッドのマットレスを厚手のもの利用するとさらに圧迫感を増してしまうことになるため薄手のものを利用することも1つの方法として有効となっています。

チェストベッドは部屋が狭い時などに非常に効果をもたらすものとして注目されており、収納するための家具を別に用意する必要が非常に少なくなる、部屋の中に収納家具を置きたくない場合や収納する場所が少ない場合などには非常に便利なものとなっているのです。

チェストベッドのメリット

チェストベッドは通常の収納ベッドに比べ2倍程度の収納力を持っている点が非常に大きなメリットとなっています。

ベッドの下に様々なものを収納することができるため、部屋の中の様々なものをすっきりと収納することができるのです。

最近では部屋の中に家具を置きたくないと言う人も増えており、特に狭い部屋の場合にはできるだけ広く使用するために余分な収納家具を配置することを避けたいと言う人も少なくありません。

このような人にとっては非常に利便性の高いものとなっており、さらにベッドの下に様々なものを収納しておくことができることから見た目に美しく収納することができるのもポイントとなっているのです。

加えてチェストベッドの場合には、たくさんのものを収納するためにベッドの床面が高くなっていますが、そのために床面からの距離が遠いため床からのほこりなどがベッドの中に入りにくい構造となっている点も大きなポイントです。

ベッドの上を清潔に保つことができるため、通常のものに比べ喘息などの場合にもほこりの影響を受けることを少なくすることができると言うメリットもあるのです。

さらに喘息でなくてもきれい好きの人にとっては汚れにくいと言う点がメリットとなっています。

チェストベッドのデメリット

チェストベッドは通常のベッドに比べてベッドの床面が高いことがデメリットにもなります。

ベッドの床面が高くなるため、天井との距離が近くなり圧迫感を感じてしまうことがあるのです。

また床面が高いために寝相が悪い人はベットから落ちてしまうと言う恐怖感があり、十分な睡眠をとることができないと言う問題が発生する場合もあります。

また通常のベッドに比べて高さがある分圧迫感があり、部屋全体における存在感が非常に大きくなってしまうため部屋のインテリアを考える際にはその存在感を含めて考えなければならず、制限を受けてしまうことが少なくありません。

大量に収納することができる点は大きなメリットとなっていますが、逆に床下の収納が非常に大きいために様々なものを入れてしまうとこれらを必要な時に取り出す際に手間がかかってしまうことがあり、通常の家具を置く場合に比べてものを探さなければならなかったり、入れ方によっては手前のものを取り出してから取り出さなければならないなどその週の上の問題が発生することも少なくありません。

通常の収納ベッドの場合には普段あまり使用しないものを入れておくことが多いのですが、チェストベッドの終わりには大量の収納スペースがあるためこれらの両方を10分考慮することが必要となります。

ベッドの種類で選ぶ
ベッドを選ぶときに一番重要なのがベッドのサイズを知ること。 そして自分に合ったベッドサイズを知ることです。 そして最後に、部屋の雰囲気や希望の機能がついた「ベッドフレーム」を選ぶことになります。 ベッドは長く使うものですし、一度購入すれば当分買い変えることもありあませんので ベッドの種類を理解して購入するようにしましょう。 ベッドフレームは種類によって使い勝手が大きく異なるので、購入した後に あんな機能が欲しかった、この機能は必要なかったなど、後悔がないように選びましょうね。 そこで、ベッドフレームを機能に注目にいてまとめてみました。

コメント