パイプベッドのきしみ音で困りですか?原因と対策で快眠を取り戻そう!

パイプベッドのきしみ音で困りですか パイプベッド

一人暮らしの方に人気が高いパイプベッド。

人気の理由は比較的お求めやすい価格であること。

また、室内をスッキリと見せることができるのが人気の理由。

しかし、気になるのが金属が擦れる時の「きしみ音」ではないでしょうか?

そこでパイプベッドのきしみ音の原因と対策についてまとめてみました。

パイプベッドのきしみの原因

パイプベッドで寝ている人が経験したことがあるのは、いつの間にか音が出るようになり、睡眠を妨害されてしまうことです。

購入した当初は全く音がしなかったというのに、いつの間にかきしみ音に悩まされるようになり、いつの間にかそれも当たり前になってきているかもしれません。

パイプベッドというのは音が出るものだと思い込むのは間違いで、正常な状態の場合はきしみ音がすることはありませんので、音が出ているという事は何らかの原因があるという事になります。

きしみ音が出る原因で考えられるのは、パイプの接続部分から出る音があります。

接続部分のネジが緩んだことによって音が出ている可能性がありますので、誰かにベッドに寝転がってもらい、どこの部分から出ているのかを確認してみるとわかるはずです。

その他にきしみ音が出ている可能性があるのは、ベッド自体ではなくベッドの足とフローリングがすれて音が出ている可能性があります。

音が出るのはパイプベッド本体からだろうと思っていていくらベッドを確認してもわからなかった場合には、フローリングとの間で音が発生していると考えても良さそうです。

原因さえわかればそれに合わせて対策をとることが出来るでしょう。

パイプベッドのきしみ対策

きしみが出ている場所がわかったのであれば、それに合わせて対策をしていくだけですので簡単です。

もしもネジが緩んだことによって音が出ているのであれば、ネジを締め直すことによって音が出にくくなっていきます。

明らかに緩んでいる場所だけではなく、他の部分のネジもチェックして締め直すようにしておけば、他の部分の対策にもつながっていくでしょう。

しかしネジが緩んだことが原因だった場合は、また緩めばきしみ音が出ることになりますので、出来るだけ緩むのを防ぐようにしなくてはなりません。

ネジが緩みにくくする為には、ネジの部分に接着剤を詰めて締めることによって、緩みにくくすることが出来ますので、対策として行ってみることです。

床とすれて音が出ている場合には、床とパイプベッドの間に緩衝材などを入れて対策をしてみるといいでしょう。

緩衝材を入れることで、フローリングとのスレを防止することが出来るので音を出にくくすることが出来ます。

原因に合わせた対策をすることで音が出なくなったのであれば、やはりそこが原因だったという事がわかりますし、それでも音が出る場合には他の部分を疑って一つずつ確認をしながら試してみなくてはなりません。

きしみにくいパイプベッドとは

パイプが使用されているパイプベッドでも、物によってはきしみにくいタイプもありますので、最初の購入時に、きしみにくい物を選ばなくてはなりません。

きしみにくい物を選ぶのであれば、パイプが出来るだけ太いタイプを選ぶといいでしょう。

太いパイプの場合、安定感が増すことになりますので歪みも出にくくなり音を防止していく事が出来るからです。

それだけではなく、耐荷重も確認してから購入するようにしなくてはなりません。

耐荷重が80キロという記載があれば、体重70キロの人の場合大丈夫だろうという風に考えてしまいます。

もちろん耐荷重から考えると大丈夫ですが、出来るだけ耐荷重が大きい数字になっているほど安定感が増していく事になります。

男性なのであれば、耐荷重は100キロくらいあるものを選んだが方でいいですので、自分の体重の事も考えながら選ぶようにしましょう。

音を出にくくする為には、安定感が求められるようになってきますので、どの様なタイプが安定感があるかを考えることです。

背が高いタイプよりも低いタイプの方が安定感が増すことになりますので、ロータイプを選ぶようにしておいた方がきしみ音に悩まされることが少なくなります。

 

コメント