ベッドフレーム選びの基本!あなたに合ったベッドフレームの選び方を教えます!

ベッドフレーム選びの基本 お役立ち

ベッドをで安くお得に購入したいけど、どんあベッドを選んでいいの?
ベッドって種類がいっぱいで自分に合ったベッドがるかわからない

そんな悩みはございませんか?

個本的にどのベッドタイプを選んでもそれぞれにメリット・デメリットがあります。
お住いの状況や使用する方がやベッドにどんな役割を求めるかによっても、違ってきます。

そんな訳で、ベッドフレーム選びの基本。

あなたに合ったベッドフレームの選び方についてまとめてみました。

ベッドサイズの基本

ベッドフレームを選ぶ際の基本はまずサイズを間違わないようにすることです。

そのベッドを使う人の体格に合わせたサイズを選ぶ必要があるのと同時に、部屋のサイズにも合わせて選ぶ必要があります。

ベッドサイズの基本は縦(奥行)と横(幅)と高さです。

まず縦(奥行)ですが、これは一番大きなサイズになりますので、部屋に入るか考える上で重要になります。

マットレスの奥行は1950mm~2050mmとなっています。

まずはマットレスがきちんと収まらなければなりません。

次にフレーム全体の奥行はヘッドボードの厚みがあるとその分長くなり、また先端部分がマットレスよりも少し長くなっているタイプもあります。

重要なのは、フレームの先端から壁までの距離が動線を確保するために最低400mm~500mm必要ということです。

幅に関してはマットレスに合わせてフレームの幅を決めることになります。

シングルとダブル、キングなどいくつかの種類があるので間違えないように注意が必要です。

最後に高さに関してですが、高さが低いローベッドは視覚的に部屋が広くなったような印象を与える効果があります。

マットレスが厚みとフレームの高さを合わせたものが実際の高さになりますが、横になるときや起きるときに腰に負担がかからない高さになるようにすると良いでしょう。

ベッドフレームの選び方のコツ

ベッドフレームの選び方は、デザインや機能そして材質などの違いなどを考慮しながら、予算に合わせて選んでいくのがコツです。

デザインに関してはかけふとんを置くとフレームの大部分が隠れてしまい、見えるのは脚の部分とヘッドボードだけになります。

しかしながら、このヘッドボードがベッドのデザインに大きな影響を与えることになります。

ヘッドボードはシンプルなデザインのものから本棚のように様々な機能が付いているものまで、色々なデザインがあり、ヘッドボードに背中を預けることができるようにクッションが付いているタイプもあります。

この見た目の印象を大きく左右するヘッドボードは、高品質なものになるほどシンプルなデザインにある傾向があるようです。

ただ棚が付いていると、そこに目覚まし時計やライト、本などを置くことができるのでとても重宝します。

さらにベッドに機能性を求めるなら、ベッド下に収納棚があると便利です。材質は木とスチールに大きく分けられます。

また木材の場合は材質によって価格が大きく変わってきます。

安いものは木目調の薄い板が貼り付けているだけなので、時間が経過したり、ぶつけたりすると剥がれてくることがあるので注意しましょう。

 

ベッドサイズの選び方
ベッドを購入する際に、一番気を付けておかないと行けなのがベッドサイズです。 お部屋の広さやお部屋の雰囲気に合うベッドと思いがちですが まず最初は、あなたの体にあったベッドサイズを確認し、ゆっくりと休むことのできるベッドを選んで下さい。 でも、ベッド選びは中々難しいですよね。 そこで、ベッド選びの基本、ベッドのサイズ一覧の各ベッドサイズの詳細についてまとめてみました。

ベッドフレームの選び方:様々な機能性で選ぶ

ベッドフレームをデザイン性よりも機能性で選ぶのも手です。

ベッドフレームが単にマットレスを設置するためのものという考えではなく、そこに付加価値を付けて、より便利に使うことができたら嬉しいと考えている人は多いことでしょう。

ベッドフレームを機能的に使う場合、主にヘッドボードの部分とベッド下の部分をどのように使うかにかかっています。

具体的には機能性を重視したヘッドボードには、簡単な棚を設けてあったり、ライトやコンセントが付いていたりします。

棚の上にはちょっとした物を置くことができ、ライトやコンセントもあると便利と感じることでしょう。

また、ベッド下に収納棚があれば、部屋の中に収納タンスを置かなくてもよくなります。

特にベッドを入れることによって部屋が狭くなってしまい、タンスを置くスペースがなくなってしまうという場合に、収納棚付きのベッドフレームは大変おすすめです。

引出は通常片側に2つ設置することになります。タイヤが付いていて転がしながら引っ張り出したり、しまったりします。

厚みがそれほど確保できないので、たくさんの物を収容することはできませんが、デッドスペースを有効利用できるというのは少し得した気分になるでしょう。

ただし、デザイン性を重視したローベッドタイプには収納棚はありません。

ベッドの種類で選ぶ
ベッドを選ぶときに一番重要なのがベッドのサイズを知ること。 そして自分に合ったベッドサイズを知ることです。 そして最後に、部屋の雰囲気や希望の機能がついた「ベッドフレーム」を選ぶことになります。 ベッドは長く使うものですし、一度購入すれば当分買い変えることもありあませんので ベッドの種類を理解して購入するようにしましょう。 ベッドフレームは種類によって使い勝手が大きく異なるので、購入した後に あんな機能が欲しかった、この機能は必要なかったなど、後悔がないように選びましょうね。 そこで、ベッドフレームを機能に注目にいてまとめてみました。

 

コメント