転勤や引越しが多い家庭のベッド選び!転勤族がベッドを選ぶときに注意したいこと

転勤や引越しが多い家庭のベッド選び お役立ち

引越しの時に頭を悩ませるのは、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電や、ベッドなどの大型家具の引っ越しではないでしょうか?

お気に入りのベッドや家具などを引っ越し先でも使いたい!

と思っても引っ越し費用が高くなり、買い変えた方が安くなるのでは?

特に転勤が多い「転勤族」には毎回悩んでしまいますよね!

そこで、転勤や引越しが多い家庭のベッド選び!転勤族がベッドを選ぶときに注意したいことについてまとめてみました。

転勤族がベッドを選ぶときに注意したいこと

布団を敷く手間もなく、帰宅したら直ぐに寝ることができるベッドはとても人気があります。

ベッドなら引っ越し直後、直ぐに身体を休めることが出来るというメリットもあるでしょう。

しかし、転勤するとなると大型家具ですから注意も沢山あります。

もし、転勤することがわかっているなら快適さや見た目だけでベッドを選んではいけません。

使いやすさは大切ですが、まずはアパートやマンションなどの部屋から出し入れできるかどうか確認して下さい。

通常、引っ越しでは家具を縦横に傾けながらドアから中に入れたり外に出したりします。

大きすぎる家具の場合は、クレーンでベランダから直接部屋に入れるという方法もあります。

ただし、クレーンは別業者に依頼することになるので費用がそれなりに高くなり注意も必要です。

なので、一般的な大きさのドアから出汁入れるサイズのものをなるべく選ぶようにして下さい。

どうしても、広めのものを使いたい時は簡単に分解できるタイプもお勧めです。

大きなマットの代わりに、ベッドの枠の上に普通の布団を敷いて使うタイプもあります。

引っ越す可能性のある部屋の間取りに注意して、大きさを選ぶことも大切です。

一人暮らし ベッドでもクイーンサイズなど大き目サイズが好みの人もいますが、一人暮らし用の間取りは比較的手狭なことが多いので注意が必要です。

ベッドの引越しで注意すべき点とは?

大型家具であるベッドは、引越しの際に二人以上の大人で運ぶ必要があります。

注意しながら運ぶといっても、非常に重たい家具なので壁などにぶつけてしまうこともあります。

そのため、引っ越しで家具が傷ついてしまったという人も少なくありません。

なので、あらかじめ足の部分など傷がつきやすいところはタオルなどの布を巻いて保護しておくことをお勧めします。

また、分解できる部分はなるべく分解して小さくしておくことも大切です。

逆に、壁などに傷がつかないように部屋の中もある程度保護しておくようにしましょう。

当然ですが、枕や布団は別に梱包しておかなくてはいけません。

狭い廊下やドアを通すためには、通してもベッドを横に傾けたりします。

マットも含め、取り外せるものは全て取り外しておく必要があります。引っ越し業者に依頼する場合は、最初にベッドがあることも伝えておくと安心です。

荷物を運び出すのに大型家具があるのとないのとでは必要となる人員や準備が異なってくるからです。

といっても、どんなに気をつけてもベッド自体に傷がついてしまうことはあります。

気になる時は、最初に傷がないか確認した上で保証がきくかどうか業者に聞いておくと安心です。

引越しやすいベッドの条件

転勤することが予想されているなら、まずは引越しやすいベッドを選んでおくことが重要です。

まずは、持ち運びができるようにある程度分解できると良いでしょう。

重さもある程度軽い方が、引越しの際に少しでも苦労が減らせます。

また、アパートやマンションで重すぎる家具を置くことに対する不安もなくなります。

マットの部分はなるべく簡単に取り外せた方が、引越しの際に便利です。

何回も転勤する時は、傷がつくリスクも高くなっていきます。

それなら、最初から傷がついても目立ちにくいデザインを選んで置くのも手です。

究極の選択かも知れませんが、ある程度傷んで来たら引越しの時に破棄して新しいものを購入するという方法もあります。

ただし、毎回買い替えとなると資源の無駄になりますしコストも大幅にかかるのでお勧めできません。

だからと言って、重厚な作りで高額なベッドも転勤族は避けた方が無難です。

高価なものをせっかく購入しても、傷がついたり何度も分解しているうちに見えない痛みが増えていくこともあります。

何回転勤があるのかわからないような状況なら、もしもの時に買い換えても構わないという覚悟で購入することをお勧めします。

ある程度、転勤が少なくなってから高価なものを購入しても遅くないからです。

コメント