同棲している場合のベッドはどれがいい?同棲さんにはリーズナブルなベッドがおすすめ!

同棲している場合のベッドはどれがいい お役立ち

今度同棲をはじめるんだけど、どんなベッドがいいかな?

そんな悩みはありませんか?

憧れの同棲生活!

何を基準にベッドサイズを選べばいいのかわからない人も多いですよね。

そこで今回は二人暮らしのベッドの選び方についてまとめてみました。

同棲カップルが選ぶベッドのポイント

同棲しているカップルの場合、同じ布団で寝むりたいという場合が多いのではないでしょうか。

しかし、いくら一緒に眠りたいと言っても、小さなベッドに二人で寝るのは至難の業です。

窮屈で寝返りをうつこともできません。

だからといってまだ結婚しているわけでもないのに、大きなダブルベッドを用意するというのも少し不自然で違和感があります。

そんなときにおすすめなのが同棲セミダブルベッドです。

これはシングルよりはゆったりとしており、でもダブルよりは少し小さな大きさで造られているのが特徴です。

具体的にはシングルの幅は100㎝弱であるのに対して、ダブルは140㎝となっていますが、セミダブルはこの間の120cmの幅となっています。

120cmの幅というのはゆったり感はありませんが十分2人で眠ることができる大きさです。

最近はホテルなどでも多く用いられるようになっているので、実際に眠ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。

また6畳の部屋にダブルベッドを置けば、動線がなくなってしまうために非常に窮屈になってしまいますが、セミダブルにすることで、部屋にも若干の余裕が生まれます。

これも実は隠れた魅力と言って良いでしょう。

ベッドと布団のメリット・デメリット

寝具選びにおいては、ベッド派と布団派に分かれることでしょう。

どちらか迷っている場合は、両方の良い点と悪い点を理解して選ぶことが大切です。

まず布団ですが、布団のメリットは何といっても布団を上げ下げすることで部屋を広く使うことができることです。

ベッドを置くと、部屋はその分スペースを失い、狭くなってしまいます。

特に欧米の住宅とは異なり日本の狭い部屋では、布団のほうが便利と感じることも少なくありません。

逆にデメリットは布団の上げ下げは面倒ということ、またベッドのマットレスに比べると体圧を分散させることが難しく、腰への負担を大きくなってしまうことが多いということや、綿の寿命が早く、買い替えサイクルがベッドよりも早くなることなどがあります。

これに対してベッドのメリットは布団のデメリットの逆ということができそうです。

つまり、寝心地が良いということや、布団のように上げ下げの必要がないことです。

なお寝心地の良さはマットレスの質によって大きく左右され、腰痛予防が可能なマットレスなどもあります。

デメリットは部屋を狭くしてしまうことです。ただ寝室がある場合は、そこに設置することで部屋が狭くなっても特に問題はないはずです。

一台のベッドで二人寝るためのポイント

セミダブルあるいはダブルベッドなどを使って一台のベッドを二人で寝る場合、心地よく眠るためには多少の慣れとコツが必要です。

まずベッドの真ん中をどうどうと眠ることができず、お互い左右の端っこに寄って眠ることになります。

また幅140cmあるダブルベッドでも、寝返りを打つ時には気を使います。

ただ、いつも一緒に寝ているうちに、この狭さにもだんだん慣れてくるから不思議です。

逆に隣に人がいなくて広々していると、眠れなくなってしまうという人もいるくらいです。

また二人で一緒に眠るので冬は暖かいです。

ただ問題もあります。

それはかけ布団の取り合いになってしまうことがあることです。

眠っているうちに、自分のほうにふとんをぐいっと引っ張ってしまい、朝起きてみれば、一緒に寝ている人にかけ布団がなかったということはよくあることです。

どちらか一方が毛布だけで眠り、もう一方がかけ布団だけで眠っているということもあります。

これを防ぐためには、大きめのかけ布団を使うか、かけ布団だけは2人分を使うかです。

こうすればかけ布団の取り合いを防ぐことができます。

また眠る時間や起きる時間をなるべく同じにすることもコツです。そうしないと眠っているのに起こされてしまうということが起こります。

 

コメント